カメラ片手に着物でお出かけ。

古い建物と写真と着物が好きな地に足つかない主婦のブログ

<<手段  | ホーム | かわる>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライド 

2010.12.20






とあるきっかけで、本を読みました。


「小説 日本婦道記」山本周五郎 著



江戸の名も無き女のひとたちの、
ささやかな日常の話。

教科書のように分かり易く無駄のない文章。
吹けば飛んでしまいそうな小さなエピソードたち。
でも、その中に
女のひとの誇り高い生き方がぎゅっと凝縮されていました。



ここに出てくる人たちはみんな
旦那さまや家、将来国を背負うべき子供たちに
頭を使い、体を張って、
心を尽くして仕え、支えること、
そのことに対してものすごいプライドを持っている。

国を作る男のひとたちを自分たちが支えている、
そのことへの、ちょっとたじろいでしまうほどの
決意と覚悟。



女って、こんなに強い生き物だったのかと、
読んでちょっと感電でもしたような気分になりました。




pic_101204ip_010w.jpg




写真は渋谷のカフェ attic room にて。



にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日の独り言 - ジャンル : 写真

タグ : 山本周五郎 日本婦道記

コメント

 

CEROさん あけまして
おめでとうございます!

ほんとうにそうですね。
大事なことは変わらないです。

お互いの存在に感謝して、相手を支えている
自分に誇りを持つことじゃないかな…と思ってます。

 

こんばんわ~

「日本婦道記」というのは知りませんでした。

でも男性が外で仕事をし、女性が家を守るという図式はもうすっかり
変わってきましたね。その逆の立場の人も多いですし、ただどのような
状況においても、おたがいの苦労を尊敬しあえるならなんの問題もな
いと思います。

新しい生活スタイルがどんどん入って来ても、基本的に大事なことは
何も変わらないですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://camekimo.blog42.fc2.com/tb.php/323-94988bf0

まとめteみた.【プライド】 

とあるきっかけで、本を読みました。「小説 日本婦道記」山本周五郎 著江戸の名も無き女のひとたちの、ささやかな日常の話。教科書のように分かり易く無駄のない文章。吹けば飛んでしまいそうな小さなエピソードたち。でも、その中に女のひとの誇り高い生き方がぎゅっと?...

 | HOME | 

プロフィール

maki*k

Author:maki*k
スローライフ満喫中の妊婦。
来年3月の出産まで、もうちょっとだけ休憩。

ずっと使っていたGR digital2は
ちょっとお休み、
いまはiPhoneに夢中。

更新もコメントのお返しも、
いまはとてもゆっくりです。
気長に、のんびりつき合って下さると
うれしいです。

※リンクを下さる場合はお知らせ頂けると助かります。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング/1月
ブログパーツ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
ご訪問ありがとうございます。 あなたは
最新コメント
写真帖

全てを見る


リンク
呟き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。