FC2ブログ

カメラ片手に着物でお出かけ。

古い建物と写真と着物が好きな地に足つかない主婦のブログ

<<芸術は爆発ですか…?  | ホーム | 表現って難しい>>

カメラが無くて何を語れるか 

2009.04.24




図書館で1冊の本を手にした。

「撮る人へ-写真家であるためのセルフ・マネージメント」
安友志乃著 窓社 2001年


ギャラリー運営者として1000人を超える写真家と会い、その写真
見てきたという著者。
タイトルの問いは本の中で発せられたたくさんの問いの中のひとつだ。
このように続く。(以下引用)

「…(前略)…カメラを持たない状態で自分が被写体とどう関われる
のか、どこまで関わるつもりがあるのか、もう一度考えて欲しいと思
います。道具を持って何かをやるってことは、道具を持たない自分を強く
認識することです。…
…対象について語る言葉を持ち合わせもせずにただ撮ったという状態の
写真にまったく意味も興味も感じない。…
…カメラが無くて自分は本当に何を語れるか。あなた自身のアイデン
ティティの問題なのです。…(後略)…」


ぐさりと来た。

わたしはいま全くの趣味として写真を撮っている。何も考えず、一瞬
ちょっといいな、と思ったものをただカメラに収めている。そして
それがとても楽しい。

けれど、それだけではいつまでたっても自己満足な写真を量産すること
しかできないのかも知れない。

いろいろな方のブログを見てみると、時々本当にはっとするような
写真に出会うことがある。そして、姑息にもそれを真似したような写真
を撮ってみたりもする。でも、全然違う。自分で悲しくなるような
白々しい写真になってしまったりする。

心を捉える写真というのは、少なくとも、撮っている瞬間に「こういう
構図でこういう露出がきっとかっこいい」と思っている写真ではない。
「きれいだなあ」とか「すごいなあ」とか、「ちょっと怖いなあ」とか
「愛してるよ」とかを、強く強く感じながら撮っている写真が心を捉える
のだと思う。少なくともわたしにとっては多分そうだ。


多分これからもわたしは今までと同じペースで写真を撮るだろう。
考えこんでシャッターを切れなくなるのは避けたい。あくまで写真は
楽しい趣味だ。
けれど、「この被写体はわたしに何を感じさせたのか、そしてわたしは
なぜそう感じたのか」ということくらいは意識するようにしたい。


ちなみに上の写真は図書館からの帰り道に撮った。
周囲の木が瑞々しい若葉をつけているのにこの木だけが全く葉をつけて
おらず、ごつごつした枝ばかりが妙な凄みを持っていたのにとても
驚いた。
何か自分の生き方や身につけてきたものに絶対の誇りを持っている、
頑固な老いた職人さんのようなたたずまいだった。




ランキングに参加しています。
よかったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 空の写真 - ジャンル : 写真

タグ : 写真 アイデンティティ

コメント

Re: タイトルなし 

こんばんは。

どこまで踏み込んで写真を撮ることを捉えるかは、
本当に100%撮る人の自由だなと思うので、
一概に論じるのはきっと不可能なんですよね。

変に考えて楽しくなくなってしまうのだけは嫌なので、
あまりストイックになりすぎるのはやめようと
今は考えています。
けれど時には、素人なりに撮ることを通して
「自分は何を大事にして生きてるどんな人間か」みたいな
ことを考えるのも、少なくともわたしにはとても
薬になるような気がします。
いつもふわふわ流されて生きてますので…(笑)


 

刺さる言葉ですね。
けれどそれはプロの作家に向けての言葉ではないでしょうか。
撮るのが楽しい。それだけでも充分だと思いますし、
ただ撮っただけでも、その楽しさは写真の中に写っているはずです。
とはいえ、考え抜いて撮ったであろう写真ってのはすぐ分かるものでもありますし・・。

どこまで突き詰めて考えるかなのでしょうけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://camekimo.blog42.fc2.com/tb.php/26-43d51f6b

 | HOME | 

プロフィール

maki*k

Author:maki*k
スローライフ満喫中の妊婦。
来年3月の出産まで、もうちょっとだけ休憩。

ずっと使っていたGR digital2は
ちょっとお休み、
いまはiPhoneに夢中。

更新もコメントのお返しも、
いまはとてもゆっくりです。
気長に、のんびりつき合って下さると
うれしいです。

※リンクを下さる場合はお知らせ頂けると助かります。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング/1月
ブログパーツ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
ご訪問ありがとうございます。 あなたは
最新コメント
写真帖

全てを見る


リンク
呟き