FC2ブログ

カメラ片手に着物でお出かけ。

古い建物と写真と着物が好きな地に足つかない主婦のブログ

上野#3 -蝶々夫人- 

2009.10.13

先週は上野ウィークだった。
火曜日にボジェック・シーペック展と旧岩崎邸をみて、
金曜日は東京文化会館オペラ蝶々夫人」。
我ながらずいぶんなセレブっぷりである。



大学時代からの友人が東京二期会(日本における声楽、
オペラ振興を目的とした声楽家グループ)の事務局に
勤めているため、ちょくちょくオペラ公演の案内をもらっている。
(たまにしか行くことはできないけれど…)
今回は一度は見ておきたかったプッチーニの「蝶々夫人」とのことで、
頑張って観に行った。





いけないのかな、と思いつつ
開演前のざわざわしたホールをパチリ。
ワイン色の幕が開くのをどきどきして待つ。






ストーリーはごく簡潔にいえば、
アメリカの海軍中尉が日本で15歳の少女(蝶々夫人)と結婚する。
中尉はせいぜい現地妻を調達した、ぐらいの軽い気持ちしか
持っていないのでその後すぐ本国に帰ってアメリカ人女性を
正式な妻として迎え入れるのだが、
蝶々夫人のほうはひたむきに中尉を信じ、愛して待ち続け、
最後に裏切られたと分かって自分の誇りを守るために自害、という
まあ残酷な話。



はじめのうちの印象は
男はどこまでも軽佻浮薄、女は逆に
頼まれもしないのに男に合わせてキリスト教に改宗して
親戚から縁を切られたり、
それでも「あなた様が喜ぶなら家族のことなど忘れるわ」と、
この女重たい…と苦笑せざるを得ないのだが、
そんなのも音楽と演出の力が全て涙に変えてしまうのだ。



中盤からあとは、たかだか10代の小娘のはずなのに
「武士の娘」として気高い生き方を全うしようとする
蝶々夫人に、すっかり釘付けになってしまった。



学生時代ずっと音楽をやってきたのに、なんで今まで
これを一度も観なかったのだろう、と思った。
本当に強烈に美しく切ない舞台だった。



pic_091009gr2_009w.jpg



終わったあと、何故か
「ああ、このままじゃ自分、いけないなあ」と思い
妙に前向きに会場をあとにしたのだった。



にほんブログ村 写真ブログへ



続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : オペラ 二期会 蝶々夫人 東京文化会館 着物

 | HOME | 

プロフィール

maki*k

Author:maki*k
スローライフ満喫中の妊婦。
来年3月の出産まで、もうちょっとだけ休憩。

ずっと使っていたGR digital2は
ちょっとお休み、
いまはiPhoneに夢中。

更新もコメントのお返しも、
いまはとてもゆっくりです。
気長に、のんびりつき合って下さると
うれしいです。

※リンクを下さる場合はお知らせ頂けると助かります。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング/1月
ブログパーツ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ご訪問ありがとうございます。 あなたは
最新コメント
写真帖

全てを見る


リンク
呟き