カメラ片手に着物でお出かけ。

古い建物と写真と着物が好きな地に足つかない主婦のブログ

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すむことはいきること -大森ロッヂ- 

2010.10.22

今日は長文です。



京急線の大森町駅近くに
不思議な、素敵な賃貸住宅がある。
先週、そこの大家さんと、設計者で住人の方と
お話する機会があった。



古い木造の家を再生して造ったという。
「余計なデザインは一切しなかった」と設計者の方。
昔ながらの日本の家の記憶が濃密に残っている。

何もかくさない。いろんなものを付け足さない。
壁にはビニールクロスを貼っていないし、
天井の梁もそのまま見せている。
窓には昔からそこにはまっていた
桜の模様のすりガラス。「渡鬼」とかにでてきそう。
網戸はない。
つけようと思えばつけられるが、
自分の部屋を見せてくれた設計者の方(わたしより
若い女性)は、
「窓は開けっ放しです。ここにいると、虫が
入ってきたりとか、そういうことがだんだん
まあいいか、と思えるようになってくる」と言っていた。

開け放した窓からは文字通り風が通り抜け放題。
その向こうにはちいさな坪庭があって、
住人がそれぞれ自由に砂利など敷いている。
砂利を踏むと音がするから、
誰か来たらそれで分かるという。
住人たちはみんな互いをよく知っていて、
日頃からコミュニケーションをとっている。
そのことが防犯対策にもなっているとのこと。





(中にはアトリエつき住宅も。)




その場所で、足裏に床の杉板の
さらさらな肌触りを感じながら立っていると、
「快適」ってどういうことをいうのだろう、と
今更ながら思えてくる。




今のわたしの家は、大東建託のごく普通な
オートロックのマンションだ。

ビニールクロスで覆い隠して真っ白な壁と天井。
フローリングは厚いウレタンの塗膜で輝いている。
だから汚れても水拭きすれば落ちますよ。

室内の建具は全て、
木目が印刷された化粧シート貼りの合板で作られてる。
だから湿気や温度で変形しにくい。
それに骨組みに板張りで中まで木が詰まってないから
軽いのだ。子供でも簡単に開け閉めできる。

お湯はデジタルで1℃刻みで温度設定できるし、
お風呂の給水は自動的に設定した湯量で止まってくれる。

壁も床もきっちりと防音対策がなされていて、
隣に人がたくさん来て騒いだりしても
そんなにきこえて来ないし、
それでこっちの時間が邪魔されることもない。
もちろん気密性を高めて冷暖房効率もばっちり。
エアコンなどの電気代を抑えられて安心だ。




今のあたらしい住宅はとても合理的に、
安心に作られているし、
見た目もとても清潔でクリーンな感じで
あまりいろいろ考えなくても
それなりに快適に暮らせる。
でもそれに慣れ過ぎたわたしたちからは、
いろんなことを感じ取って、考える能力が
抜け落ちてしまっていっているのではないか。




大森ロッヂには
最新のセキュリティシステムなんかないし、
隣が何かやっていれば聞こえてくるし、
きっとこちらの気配だって隣にだだ漏れだ。
だから人によっては、住む為に
ちょっとした意識改革が必要な場合もあると思う。
何を気持ちよいと思うか。
何がほんとうに必要なことなのか。
何がなければないでそれほど困らないことなのか。



でも住んでみたら
日常の暮らしは間違いなく、もっと心地よく刺激的なものに
なるんだと思う。




ものすごく革新的な賃貸住宅




pic_101012ip_007w2.jpg

(何気ない中庭の鉢植えが最高に素敵に見えた。)




申し訳ないことに、わたしは
細かいレポートを書くのは不得意なので、
こんなに長々と書き綴っても、ほとんど
この場所のことを伝えられない。
興味が湧いたという方はぜひホームページを
ご覧ください。
ブログに載っている写真たちが何よりも
そこでの暮らしの風景を語ってくれていると思います。

大森ロッヂ/洗足ロッヂ
(今はどちらも契約は埋まっているとのことです。
どうも募集すると毎回すぐに埋まってしまう様子。)




ちなみに
写真は2枚ともiPhoneで撮影。
1枚目は「Cross Process」という
トイカメラ風に写真を加工してくれる
アプリを使っています。
こういうもともとから可愛い景色よりも、
何でもないいけてない景色に使ったほうが
面白い絵になるかも。

にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : 大森ロッヂ 洗足ロッヂ 賃貸住宅

 

2010.07.28






今年の夏は暑いですね。




夏の景色、といって
まず思い浮かぶのは
まさにこういう感じです。




ずっと見ていると、氷が溶けて
からん、と音をたてたり。




小伝馬町にある魅力的なカフェ(もみ)」にて。




pic_100720gr2_011w.jpg






砂浜でバーベキュー、とかも
惹かれますけどね。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : カフェ 小伝馬町

過去を葬る 

2010.07.13






高級車のCMに出てくるような洗練された女性に憧れていた。
こういうお店にひとりで入ってお酒を飲むのが似合う、
洗練されて隙のない、確固たる自信に溢れた女性。
クリエイティブな仕事をばりばりして、周りから一目置かれ
人脈がさらに面白い仕事を引き寄せてどんどん広がっていく。
多忙な日常の合間にふらっとバーなんかに立ち寄って
「もう体、ぼろぼろよ」なんて呟きながら
どこかでその状況も楽しんでいる。



とにかく「できる女」になりたかった。
とにかく「いけてる女」になりたかった。
今はダメでかっこ悪くてイメージにほど遠くても、
頑張っていればいつか自己実現できると思っていた。



つい2年ほど前まで、そうだった。
自分が自分に対して充実感を得ることが、最も優先される課題だった。
正直それ「だけ」だったのかもしれない。
その浅はかさに気づくのが、とても遅かった。



今は地味でもかっこ悪くてもいいから、
周りを助けてあげられるひとになりたい。
周りの空気を明るくしたり、
やわらかくしたりできるひとになりたい。
その頃の自分を否定しようとはそんなに思わないけれど、
何しろ時間がかかったな、と思う。



もう戻ることはない。
…と思いたいのだが、時々急にその頃のへんなプライドが
フラッシュバックのように戻ってきて混乱させられる。



なぜこんなことを書いているのか。
恥ずかしいと思いながら、それでもわたしはこの記事を
アップするだろう。せずにはいられない。
写真は西麻布のダイニングバーにて、
1ランク上の味のガーリックトーストを頂きつつ。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

荻窪#1 -カフェ6次元、もしくはかすかな呟き- 

2010.07.06

夜、荻窪駅から雑多な商店街を抜けると
辺りは闇、といっていいほどの暗さに包まれる。
そこに小さく浮かび上がる、蛍光灯のようなサイン。
カフェ6次元は、古くて小さなビルの
1階と2階の狭間にある。



いちばん隅っこの席に座った。
いろんな色のガラスのランプ、ろうそくの灯、
無垢の木のざらっとした手触り、
適度にほっといてくれるような距離感。
わたしの好きなカフェの要素が全部つまっている。
奥の空間はささやかなギャラリーになっていて、
その日はイラストレーターの西淑さんという方の個展が
開かれていた。









藍色の、染付らしき器に盛られて運ばれてきた
カレーとルイボスティーを頂きながら、
壁を埋め尽くす古本たちを眺める。
「異界歴程」「虹の理論」「白の民族学へ」
「アルトナン・アルトー全集」といった難解そうなものから、
「モモ」「100万回生きたねこ」「ぐりとぐらのおおそうじ」
などの絵本まで並んでいる。
お店の中では自由に読めるらしいが、
その日のわたしはあまり活字を追いかける気分ではなかった。




それよりからっぽな心をさらにからっぽにして、
BGMに耳を傾けていたい。




こんな穏やかな日々が、わたしの喜び

ともに生きていく、明日を守りたい
あなたとそして全てのいのちを

そばにいるよ




思いがけず、心が大きく震えるのを感じて
急いでその言葉をノートに書き留めようとしたが、
歌声があまりにも消え入りそうに小さくて、
耳をすましてもところどころ聴こえない。




ああ、もう真夜中までこうしてられたらいいのになあ。
でもそういうわけにもいかなくて、
せめてもう少しだけ余韻を味わおうと、
微かに甘いベイリーズ・ミルクを口に含みながら
ため息をついた。




ギャラリー+カフェ+古本 6次元



わたしはいつでも詰めが甘い。
GRの充電を忘れていて使えなかったので、
上の写真は携帯で撮って加工したものです。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 写真にコトバをのせて - ジャンル : 写真

タグ : 荻窪 6次元 カフェ 古本 西淑 ギャラリー

homeless. 

2010.07.04






平和の使者だなんて誰がいったのか。





ちょっとした空間の隅の方に
ばさばさと音を立てながら群がるさまは、
なんともいえず寒い。

迂闊に近づくと正面から体当たりされるから要注意。
新宿駅構内。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : 新宿

 | HOME |  »

プロフィール

maki*k

Author:maki*k
スローライフ満喫中の妊婦。
来年3月の出産まで、もうちょっとだけ休憩。

ずっと使っていたGR digital2は
ちょっとお休み、
いまはiPhoneに夢中。

更新もコメントのお返しも、
いまはとてもゆっくりです。
気長に、のんびりつき合って下さると
うれしいです。

※リンクを下さる場合はお知らせ頂けると助かります。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング/1月
ブログパーツ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ご訪問ありがとうございます。 あなたは
最新コメント
写真帖

全てを見る


リンク
呟き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。